心筋梗塞を完璧に治療する|早期発見が最大の鍵

先生

虚血性心疾患

定義と症状

先生

虚血性心疾患には、冠動脈が動脈硬化症によって狭くなっておこる狭心症と完全に詰まって心筋が壊死に陥る心筋梗塞があります。このうち心筋梗塞は放置すると死につながる緊急処置が必要な病気で、死因が2位である心疾患の多くを占めます。心筋梗塞の危険因子は、喫煙や糖尿病、高血圧や太りすぎ、運動不足です。心筋梗塞の症状としては、疲労感や胸部不快感が数日前からおこることがあります。発作時には胸骨のうらやみぞおちで強く鋭い痛みや圧迫感がおこり30分以上続くこともあります。患者さんによっては、痛みが首、肩、さらに顎や左腕に放散したりすることもあります。さらに頻脈・期外収縮や心房細動などによる脈の乱れ・高血圧または低血圧による症状、呼吸困難や腹部膨満感などが出ることもあります。

心筋梗塞の診断では、心電図検査とエコー検査、冠動脈造影や心筋血流画像検査などがおこなわれます。また筋肉の酵素クレアチンキナーゼや収縮性タンパク質トロポニンなどが血液中で上昇することを調べます。心筋梗塞の初期治療としては、酸素補給・不整脈の心房細動に対する除細動や胸の痛みに対して冠動脈を広げるニトログリセリンの投与などがおこなわれます。医療施設では、血管の詰まりを解くプラスミノーゲンアクチベーターなどの血栓溶解薬の投与が行われます。さらに大腿部などの皮膚からカテーテルを通して血行が途絶えた冠動脈を広げる冠動脈血行再建術・その部位に金属製のステントとよばれる網目状の筒を留置する施術あるいは冠動脈に体の違う部位の血管をつなげるバイパス手術もおこなわれます。