心筋梗塞を完璧に治療する|早期発見が最大の鍵

先生

記事リスト

虚血性心疾患

先生

心筋梗塞は動脈硬化によって冠動脈が詰まり心筋が壊死する病気です。胸部の激しい痛みや呼吸の変化が起こります。心筋梗塞の診断には心電図検査・エコー検査や血液へ放出される酵素の測定などが、治療には血栓溶解剤の投与や冠動脈の血行再建術がおこなわれます。

» 読んでみよう

予防の大切さと治療方法

先生

心筋梗塞になると、血管の詰まりにより心筋が壊死し、全身への血液の供給が滞ります。生命を失う可能性もあるため、多くの人が予防しています。発症した場合にも、薬物療法や外科療法で治療することが可能です。血液の凝固を阻害する薬や血栓を溶かす薬を投与したり、血管の詰まりをカテーテルで解消したりするのです。

» 読んでみよう

冠動脈疾患について

先生

冠動脈疾患とは狭心症や心筋梗塞のことで、命の危険性があります。症状は胸の痛みだけでなく、顎や腕に痛みが出現する事があるため注意が必要です。心筋梗塞は6時間以内に治療しないとダメージが残るため、心筋梗塞にならないためにも、健康診断やドッグを受けましょう。

» 読んでみよう

心臓が壊死してしまう病気

とっておきの情報が待っていますよ。心筋梗塞の発症を予防するには、自分でしっかり認識しておくことが大切です。詳しくはこちらをどうぞ。

病気を発症する原因と特徴

先生

心筋梗塞は心臓の病気の一つとして非常に有名なものであり、命に関わる重篤な症状を引き起こします。虚血性心疾患と呼ばれる血液と心臓に関わる疾患の一つである心筋梗塞は、血液の行き渡らなくなった心臓を壊死させてしまう恐ろしい病気なのです。一般的には急性心筋梗塞と呼ばれる、予兆無く突然現れる症状のことを指します。しかし、それ以外にも心筋梗塞は様々な症状の現れ方をするため注意しましょう。そんな心筋梗塞の原因は血管が詰まってしまうことにあり、血流が流れなくなった心臓が徐々に弱ることに寄って引き起こされてしまいます。心筋梗塞の特徴として、30分以上の締め付け感・強い痛み・圧迫感などが前胸部に続いていること、心電図に特徴的な変化がみられること、破壊された心筋細胞から漏れ出した酵素が血液中に増加してくることなどがあります。その他、動悸・息切れ・めまい・脱力感や冷や汗を伴ったり、15分以上の持続性がある胸痛と不安感に襲われるケースも心筋梗塞の特徴として挙げられます。

早めに医療機関の受診を

心筋梗塞も該当する虚血性心疾患は、日本国内において三大死因のひとつにも挙げられている程、発症率と死亡率が増加している病気です。これには、高齢者人口が増え続けていることが患者数の増加に繋がっていると考えられています。心筋梗を発症した場合、何よりも重要なのは出来るだけ早く医療機関を受診することです。痛みや発作、危険な不整脈などが生じる場合もあるので、我慢せず早いうちに治療を開始することによって、順調な経過を辿る可能性も高くなります。また、心筋梗塞は、発症から処置・治療を開始するまでの時間がその後の容態に大きく影響します。発症後の処置や治療が早ければ早い程、助かる可能性も高くなるのです。心筋梗塞で亡くなってしまうかたの多くは、不整脈が原因と言われています。この不整脈が出たら2〜3分以内に人工呼吸や心臓マッサージなどの心肺蘇生法を施さなければ、助かる可能性が低くなってしまうのです。その為、万が一の事態に備えて、消防署や病院などの専門機関が開講している講習会などで、心肺蘇生法を身につけておくことが推奨されています。